弁護士費用|交通事故

交通事故の弁護士費用について

まずは、ご加入の自動車保険に弁護士費用補償特約(いわゆる弁護士特約)を付けているかどうかをご確認ください。同特約が利用できる場合は、下記弁護士費用はご加入の保険会社に請求しますので、原則としてご依頼者様へ弁護士費用を請求することはありません。(以下は、交通事故被害者の方からご依頼を受けた場合の標準額です)
また、弁護士特約に加入されていない方からのご依頼では、事案によって着手金を無料とできる場合もございます。まずはご相談ください。

※記載の金額はすべて税抜きの表示です。

相談料 ・弁護士特約未加入の方・・・初回無料(1時間)
・弁護士特約に加入の方・・・ご加入の保険会社に請求
着手金 【自動車保険の弁護士特約にご加入の場合は、下記費用をご加入の保険会社へ請求いたしますので、(特約保険金の上限である300万円までは)ご依頼者様の負担はありません。】 

■経済的利益が300万円以下の場合
 10万円
■経済的利益が300万円を超え3000万円以下の場合
 経済的利益×5%+9万円
■経済的利益が3000万円を超え3億円以下の場合
 経済的利益×3%+69万円
■経済的利益が3億円を超える場合
 経済的利益の2%+369万円

※弁護士特約に未加入の場合、着手金をゼロとさせていただく場合があります。

報酬金 【自動車保険の弁護士特約にご加入の場合は、下記費用をご加入の保険会社へ請求いたしますので、(特約保険金の上限である300万円までは)ご依頼者様の負担はありません。】 

■経済的利益が125万円以下の場合
 10万円
■経済的利益が300万円以下の場合
 経済的利益×16%
■経済的利益が300万円を超え3000万円以下の場合
 経済的利益×10%+18万円
■経済的利益が3000万円を超え3億円以下の場合
 経済的利益×6%+138万円
■経済的利益が3億円を超える場合
 経済的利益×4%+738万円

※見込まれる経済的利益の額が少額の場合、時間制報酬(タイムチャージ)で弁護士報酬を定める場合があります。この場合、1時間当たり2万円となります。
※時間制報酬も自動車保険の弁護士費用補償特約の対象です。