弁護士費用|金銭支払請求(債権回収・損害賠償請求)

金銭支払請求(債権回収・損害賠償請求)の弁護士費用について

貸金の返還請求、家賃の請求、慰謝料の請求、残業代の請求など(請求をされている側も含む)をご依頼される場合の標準的な弁護士費用です。

難易によって変わる場合もありますので、実際に法律相談で詳細な内容をお聞きした上で、弁護士費用のご提案をさせてただきます。

※金額がすべて税抜き表示です。

相談料 ■1時間10,000円。
以降30分ごとに5,000円。
ただし、委任契約に至った場合、相談料はいただきません。
着手金

■経済的利益が300万円以下の場合
 経済的利益×8%(最低10万円)
■経済的利益が300万円を超え3000万円以下の場合
 経済的利益×5%+9万円
■経済的利益が3000万円を超える場合
 経済的利益×3%+69万円

報酬金

■経済的利益が300万円以下の場合
 経済的利益×16%
■経済的利益が300万円を超え3000万円以下の場合
 経済的利益×10%+18万円
■経済的利益が3000万円を超える場合
 経済的利益×6%+138万円

・請求金額が3000万円を超える事件については、別途ご相談ください。
・控訴審や強制執行については別途費用が発生いたします。
・裁判となった場合には、期日出頭日当(場所により2万円~)が別途かかります。